読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本橋スマートクリニック公式ブログ

禁煙・生活習慣病の治療や知識について発信しています

早食いはなぜ良く無いのか

浩さんの脂肪肝改善記 脂肪肝
浩さんの脂肪肝改善記(28)

この記事は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていきましょう。
今回のテーマは、 意外と知らない早食いが治療にとって良く無い理由についてのお話です。

はじめから読む 前の記事を読む 

早食いはなぜ良く無いのか

早食いのクセがついてまして

f:id:smart-clinic:20170324225459p:plain

浩さんの息子・翔太くんは今日、一泊二日のサッカー合宿に出かけていました。子どもたちのお世話係として、有志で同行した麻由美さんは、30人分の料理を作り終えて、クタクタになっています。

「子どもたちが食べ終わるまでは、ちょっと休めるわね」

他の有志のママさんたちと、そう話していた麻由美さん。しかし、その想いは巨漢・丸山コーチのごちそうさまの声によって打ち砕かれます。

「ええ!?コーチ早くないですか?」

「昔営業をやってまして、そのときに早食いの癖がついてしまったんですよ。ははは!」

このセリフ、家の中でも聞いたことがあるような…。

太っている人は早食いなのか

f:id:smart-clinic:20170324225514p:plain

「お父さんも食べるの早いよね」

そう話す翔太さんの声を聞いて、夫の浩さんも、丸山コーチと同じように話していたのを思い出した麻由美さん。

確かにに昔、浩さんが営業の第一線で活躍していたころ、そんなことを言っていたような。

「二人ともすごい太ってるよね。太ってる人は早食いなのかな」

そう話す翔太さんの言葉を聞いて、思わず納得してしまった麻由美さんでした。


翔太さんの言葉を聞いた麻由美さんは、夫の減量成功のために、早食いについて調べ始めました。
そこで、早食いが引き起こすと考えられている事象として正しいものを選んでください

問題:早食いが引き起こす事象を選んでください

  1. 早期の満腹感
  2. 肥満
  3. 健康への不安の緩和

正解は...

早期の満腹感
肥満
健康への不安の緩和

早食いしてたくさん食べても、満腹感を感じるタイミングは同じ


f:id:smart-clinic:20170324225756p:plain


私たちが満腹感を感じるのは、実際に胃に入った量ではなく、食べ物が胃の中に入ることで、満腹信号が脳に発せられるためです。


しかし、一般的に満腹信号が発せられるのは、食べ物が胃に入ってから約20分経過した後。つまり20分間は、どれだけ食べても満腹感を得にくいということになります。


早食いをする人は、この20分の間に大量に食べてしまうため、太りやすいと言われています。


実際に、ある調査では、早食いでお腹いっぱい食べる人はそうでない人に比べて、肥満などの判定に用いられるBMI値が高い傾向にあることがわかっています(※)。つまり、肥満の人が多いということです。

早食いを防止するための咀嚼法を実践しよう

f:id:smart-clinic:20170324225809p:plain


早食いを防ぐための方法として、以下のような咀嚼法を実践することが奨励されています。

  • 一口につき30回噛むこと
  • 慣れるまでは、噛んでいる間箸を置くこと
  • どんな味がするか、頭で文字にして思い浮かべること


しっかり噛むことで、健康不安の緩和も期待できるとのこと。これはぜひ実践したいですね。


早食い、しないように頑張ってます

f:id:smart-clinic:20170324225827p:plain


サッカー合宿から帰った麻由美さんは、この事実を夫の浩さんにいち早く伝えました。


「確かに…。私も早食いの癖がついてるんだよな…」


麻由美さんの言葉に心当たりのある浩さん。早速自宅で咀嚼法を実践してみることに。


最初はイライラすることもあったものの、数日続けると、30回噛むことにも慣れてきた様子。食べる量も、心なしか少なくなった気がします。


そんな浩さんの様子を見て、麻由美さんも翔太さんも満足気。まさに家族の愛の勝利…でしょうか?

まとめ

  • 早食いは肥満のもと
  • 一口につき30回噛む咀嚼法を取り入れて、早食いを防ぐ
浩さんの脂肪肝改善記について

浩さんの脂肪肝改善記は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていくことで、生活習慣についての考えを深め、無理せずに健康になる方法を考えるきっかけになればと思い、記事を公開しています。


浩さんの脂肪肝改善記の他の記事

blog.smart-clinic.jp

日本橋スマートクリニックについて

日本橋スマートクリニックの生活習慣病外来では、患者様に合った正しい治療計画を担当の医師と患者様とで一緒に考え、薬物療法に頼る前に、食事・運動を含めたトータルの生活習慣の改善を一緒に進めていきます。ご興味がある方は、一度当クリニック(生活習慣病外来)までご相談ください。
日中は忙しくて医療機関に通う時間がないという方も、日本橋スマートクリニックでは事前予約による待ち時間の削減に努めている他、仕事帰り・夜間や仕事の合間に受診しやすいよう夜間診療の環境整備に努めています。また、土曜日にも生活習慣病外来は診療しています(14時~16時)し、初回診療以降で症状が安定していればオンライン診療により通院の負担を削減することもできます。この機会に、ぜひご検討ください。

日本橋スマートクリニック - 禁煙外来・生活習慣病外来がある 三越前 人形町 日本橋の内科

おかわりを防ぐ

浩さんの脂肪肝改善記 脂肪肝
浩さんの脂肪肝改善記(27)

この記事は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていきましょう。
今回のテーマは、 おかわりを防ぐためにできる知識についてのお話です。

はじめから読む 前の記事を読む 

おかわりを防ぐ

おかわり、習慣化してました

f:id:smart-clinic:20170305224512p:plain


宮崎家の朝食は白ご飯と決まっています。同じく決まっているのが、浩さんが無言で空になったお茶碗を、妻・麻由美さんに差し出すしぐさです。その様子を、息子の翔太さんは呆れたように見つめていました。

「お父さん、減量してるのにおかわりしていいの?」

一瞬ドキッとした浩さん。「お腹が空いてるから仕方がないだろう」と言いながら、自分が無意識におかわりを要求していることに、初めて気づかされました。

おかわり分を入れるとまさかのカロリーオーバー!

f:id:smart-clinic:20170305224547p:plain

「そういえば、おかわりしている分をスマホで撮影してなかったな…」

そう思いながら、お茶碗をパシャリ。

その日の夜、何を食べたか見返しながら、カロリー計算をしていた浩さんは、顔面蒼白になります。

「え…カロリーオーバーしてる…」

朝晩、無意識におかわりをしていた浩さんの摂取カロリーは、おかわりの分を入れると大きくオーバーしていたのです。

「これはなんとかしなきゃ…」

今までおかわり分をカロリー計算に入れていなかった浩さんですが、翔太さんの一言で、無意識におかわりをしていることに気づくことができました。

おかわりをしなければカロリーオーバーすることはありません。しかし浩さんの頭には、どのようにおかわりをやめればいいのか、その方法が全く思いつかないようです。

そこで浩さんに、おかわりをやめるための対策を教えてあげましょう。おかわりしない環境づくりとして適当なものを選んでください。

問題:おかわりしないために、有効なやり方を選んでください

  1. 食べてもいい量をお皿に盛る
  2. 家庭料理は大皿料理にする
  3. 買い物に行く前に買うものを決めておく

正解は...
食べてもいい量をお皿に盛る
家庭料理は大皿料理にする
買い物に行く前に買うものを決めておく

「これだけしか食べない」と決めた量だけをお皿に盛る

f:id:smart-clinic:20170305224607p:plain

おかわりしてしまうのは、満腹感が得られないことに加え、「まだ食べても大丈夫なのではないか」という思いが働くためです。

だからといって、始めから多めに入れておくのは本末転倒。カロリーオーバーを防ぐには、食べてもいい量だけをお皿に盛り、それ以上おかわりできないようにするのがオススメです。

カロリーオーバーを防ぐことができるだけでなく、食べていい量が明確になるので、限られた量を美味しく食べようと思えるようになります。

料理は個別に皿に盛る

f:id:smart-clinic:20170305224625p:plain

おかずを大皿で出し、各自で食べたい分を取る大皿料理は、食べ過ぎを招いてしまう恐れがあります。

また、どれくらい食べたかがわかりにくいため、カロリー計算しにくいという面も。

食べた量を把握するためにも、カロリーを抑えるためにも、料理は個別にさらに盛るように家族にお願いしましょう。

何を買うか決めておくと作り過ぎない

f:id:smart-clinic:20170305224640p:plain

あらかじめ食べる量だけを作っておけば、おかわりする心配もありません。そのため、買い物に行く前に献立を決めてしまい、必要なもの以外は買わないようにしましょう。

家族の誰かが買い物に行く場合は、その意図を伝えて、作り過ぎないようにお願いしてみましょう。

家族のおかげでおかわり禁止できました

f:id:smart-clinic:20170305224654p:plain

息子の翔太さんのおかげで、食べ過ぎに気づくことができた浩さん。でも、自分だけでおかわりをやめることはなかなかできませんでした。

そこで家族に相談し、おかずを個別に持ってもらうこと、おかわりしようとしたら、引き止めることをお願いすることに。

始めは引き止められていたこともあった浩さんですが、いつしかお茶碗いっぱいで満足できるようになりました。

家族のおかげでおかわりを克服した浩さん。家族の協力も得られ、さらに順調に減量が進みそうです。

まとめ

  • おかわりはカロリーオーバーの元と心得よ
  • 食べていい量が明確になるように料理を盛り付けよう
  • お腹が空いた状態で食べない・頼まない
浩さんの脂肪肝改善記について

浩さんの脂肪肝改善記は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていくことで、生活習慣についての考えを深め、無理せずに健康になる方法を考えるきっかけになればと思い、記事を公開しています。


浩さんの脂肪肝改善記の他の記事

blog.smart-clinic.jp

日本橋スマートクリニックについて

日本橋スマートクリニックの生活習慣病外来では、患者様に合った正しい治療計画を担当の医師と患者様とで一緒に考え、薬物療法に頼る前に、食事・運動を含めたトータルの生活習慣の改善を一緒に進めていきます。ご興味がある方は、一度当クリニック(生活習慣病外来)までご相談ください。
日中は忙しくて医療機関に通う時間がないという方も、日本橋スマートクリニックでは事前予約による待ち時間の削減に努めている他、仕事帰り・夜間や仕事の合間に受診しやすいよう夜間診療の環境整備に努めています。また、土曜日にも生活習慣病外来は診療しています(14時~16時)し、初回診療以降で症状が安定していればオンライン診療により通院の負担を削減することもできます。この機会に、ぜひご検討ください。

日本橋スマートクリニック - 禁煙外来・生活習慣病外来がある 三越前 人形町 日本橋の内科

腹八分目がちょうどいい理由

浩さんの脂肪肝改善記 脂肪肝
浩さんの脂肪肝改善記(26)

この記事は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていきましょう。
今回のテーマは、 古来から言われている腹八分目がちょうどよいことには理由がある、そんなお話です。

はじめから読む 前の記事を読む 

長期休みは食べ過ぎタイム

f:id:smart-clinic:20170305213108p:plain


年末年始やお盆など、長期休みに入ると、なんとなく食べ過ぎてしまうことが多い浩さん。減量を始めたこともあり、今年の年末年始は食べ過ぎないでおこうと決めていたのですが…。

「おお、今日はお寿司に年越しそばか。お雑煮もあったよな」

今年も目についたもの、すべてに手を出してしまい、またも食べ過ぎてしまいました。

あれ?こんなに食べてたっけ?

f:id:smart-clinic:20170305213123p:plain

「減量してるのに、食べ過ぎじゃない?」

妻の麻由美さんにたしなめられたものの、本人は「そんなに食べてないよ」の一点張り。

そこで麻由美さんが取り出したのが、スマホ。撮影を忘れがちな浩さんに代わって、麻由美さんがこっそり夫の食事を撮影していたのです。

その量の多さを見て、浩さんはびっくり!

「俺、こんなに食べてたんだ…」


浩さんはどうやら無意識のうちに、満腹になるまで食べてしまっていたようです。

減量するなら、標準体重にみあったエネルギー摂取を心がけることが大切です。しかし、「標準体重にみあったエネルギー」がどれくらいなのか、浩さんはあまりピンと来ない様子。

そこで、標準体重にみあったエネルギー摂取とはどれくらいのことを指すのか、浩さんに教えてあげましょう。

問題:標準体重にみあったエネルギー摂取に当てはまるものを選んでください

  1. 一日に最低限必要なエネルギー量
  2. 腹八分目程度の食事量
  3. 満腹感を感じるまでの食事量

正解は...
一日に最低限必要なエネルギー量
腹八分目程度の食事量
満腹感を感じるまでの食事量

食事は「腹八分目」がちょうどいい

f:id:smart-clinic:20170305213138p:plain

標準体重にみあったエネルギーは、年齢やどんな生活を送っているかによって異なります。
感覚としては、昔から言われている『腹八分目』程度が、標準体重に見合ったエネルギー摂取量くらいだと言われています。
カロリー計算をしながらも、毎回毎回カロリー計算をし続けるのは難しいので、腹八分目を目安に食べることを心がけましょう。

一日1,400kcalは摂取しよう

f:id:smart-clinic:20170305213156p:plain

減量となると、極端に摂取カロリーを減らす人がいます。しかし、健康的にやせるためには、最低でも一日1,400kcalは確保するようにしましょう。

必要なカロリー数を下回ってしまうと、健康的にやせられなかったり、リバウンドしやすい体になってしまったりする可能性があります。

満腹感を感じながらやせたいなら野菜と白ご飯を食べよう

f:id:smart-clinic:20170305213207p:plain

今まで満腹になるまで食べていた人にとっては、腹八分目は物足りないかもしれません。そんな時は、野菜や白ご飯を上手に取り入れ、満腹感を得ましょう。

野菜はかさが多いので、少量で満腹感を得やすい食品です。一方白ご飯は、よく噛むことで満足感を得やすいという特徴があります。また、脂肪燃焼の着火剤のような役割も果たしてくれるので、ぜひ取り入れたい食品と言えます。

ただし、1日2食に、各120〜150g程度取り入れるのがポイントです。満腹感も続きやすいので、ぜひ取り入れてみましょう。

野菜と白ご飯で腹八分目を目指します

f:id:smart-clinic:20170305213226p:plain

知らぬ間に食べ過ぎていたことに気づくことができた浩さん。麻由美さんの提案で、できるだけ少ない量で満腹感を得られるよう、食事に野菜と白ご飯を取り入れてみました。

すると、今までよりも少ない量で満腹感を感じることが出来るように。おかげで、長期休みに食べ過ぎてしまった分の体重も、見事減らすことに成功しました。

お礼の気持ちを麻由美さんに伝えると、こんな言葉が。

「今までのあなただったら、このままズルズルと食べ過ぎてしまっていたでしょうね。最近体のラインが、少しだけど変わってきたような気がするし…あなた、本当に頑張っているのね」

浩さんに対する麻由美さんの見方が、少しずつ変わってきている証拠かもしれません。麻由美さんの期待に、より一層頑張ろうと心に誓う浩さんなのでした。

まとめ

  • 食事は腹八分目を目安に
  • 標準体重にみあったエネルギー摂取を心がける
  • 満足感を感じたいなら野菜と白ご飯を取り入れよう

遅い時間の食事のとり方

浩さんの脂肪肝改善記 脂肪肝
浩さんの脂肪肝改善記(25)

この記事は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていきましょう。
今回のテーマは、 遅い時間の食事が避けられないならメリハリを、という内容のお話です。

はじめから読む 前の記事を読む 

帰宅後のご飯とビール、これさえあれば生きていけます

f:id:smart-clinic:20170305211202p:plain

これまで比較的早い時間に帰ることができていた浩さん。しかし、新しい部署に異動になって以降、22時以降家に着くことが多くなっていました。

帰宅後の楽しみは、妻・麻由美さんの美味しい手料理と一杯のビール。

「何があってもこの2つは欠かせないなあ」

そう言いながら、一日の疲れをビールで流しこむのが日課になっていました。

遅い時間の食事は体に悪い?

f:id:smart-clinic:20170305211216p:plain
夜遅く帰宅する生活が始まってから、なんとなくお腹周りがぽっこりしだしたと感じるようになった浩さん。それは妻・麻由美さんも同じだったようです。

「でも夜ご飯とビールがないと、ストレスが溜まりそうだよ」

浩さんは妻の麻由美さんにそう話しますが、麻由美さんは不安な様子。

「深夜の食事は太りやすいって言うわよ。あなた、せっかくここまで頑張ってきたのに、このままで大丈夫?」


麻由美さんの言うとおり、浩さんの食事習慣は、減量面でも健康面でもリスクが高まりやすいと言われています。

そこで、夜ご飯に関する内容の中から、正しいものを選んでください。


問題:夜ご飯に関する正しい知識はどれでしょうか

  1. 夜ご飯の時間が遅いと内臓脂肪が溜まりやすい
  2. 夜遅く帰宅する場合はご飯を食べないほうがいい
  3. 深夜はお酒を全く飲んではいけない

正解は...
夜ご飯の時間が遅いと内臓脂肪が溜まりやすい
夜遅く帰宅する場合はご飯を食べないほうがいい
深夜はお酒を全く飲んではいけない

20時以降の食事は内臓脂肪のリスクが高まる

f:id:smart-clinic:20170305211346p:plain
ある研究では、20時以降に食事をした場合、20時以前に食事をした人に比べて、内臓脂肪のリスクが1.4〜1.6倍高まるということが報告されています。

内臓脂肪がつくと、腹部に脂肪が蓄積し、お腹がぽっこりと出る傾向にあります。また内臓脂肪は、糖尿病や高血圧症などの病気と強く関わっていることもわかっており、健康を脅かすおそれもあるため、注意が必要です。

夜遅く帰宅するなら、夕食を分けて取るのがおすすめ

f:id:smart-clinic:20170305211415p:plain
しかし、深夜だからといって食事を抜くと、食事回数が一日2回になり、脂肪を蓄えやすい体になってしまいます。

夜遅く帰宅することがわかっているなら、20時までに軽く夜ご飯を食べておき、家に帰ってから、再び軽めの夕食を取るなどするのがおすすめです。

20時までに食べる夜ご飯は、おにぎりなどでも大丈夫。帰った後のご飯も軽めが良いでしょう。これで空腹感にさいなまれて眠れない…ということもなくすことができるかもしれません。

どうしても我慢できなければ、決まりを守ってビールを飲む

f:id:smart-clinic:20170305211429p:plain

お酒はカロリーや糖質を多く含むほか、抑制が利かず、体重をコントロールしにくいという特徴があります。本来であれば、時間帯にかかわらず、減量中は禁酒するのが理想的です。

しかし、お酒を断つことによってストレスが溜まり、減量に失敗してしまう場合もあります。

どうしても禁酒できない場合は、ルールを守って飲みましょう。ルールとは、飲む量を決めること、そして飲んだ後に同量の水を飲むことです。

減量したいけれど、無理してお酒を断つことはできない…という場合は、ルールを守ってお酒も減量も楽しむことが大切です。

帰る時間を決めて、仕事にも体にもメリハリを

f:id:smart-clinic:20170305211447p:plain
健康のことを考え、帰る時間帯を決めるようにした浩さん。

「ダラダラと仕事していても仕方ない。タイムリミットを決めて、計画的に仕事をして、ちゃんとご飯を食べよう」

それから一週間。浩さんの姿を見た職場の部下たちもまた、早く帰る習慣がつき、職場が活気づくようになりました。

結果、浩さんの部署全体の成績が上がり、同僚にも一目置かれる存在に。

「宮崎ってさ、減量してから変わったよな。見た目も仕事ぶりも」

帰宅時間を決めることは、減量だけでなく仕事面でも良い効果を生んだようです。

まとめ

  • 20時以降の食事は内臓脂肪増加のリスクが高まる
  • どうしても遅くなる場合は、夕食を分ける
  • お酒は禁酒が理想だが、できなければルールを守って飲んでも良い
浩さんの脂肪肝改善記について

浩さんの脂肪肝改善記は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていくことで、生活習慣についての考えを深め、無理せずに健康になる方法を考えるきっかけになればと思い、記事を公開しています。



浩さんの脂肪肝改善記の他の記事

blog.smart-clinic.jp

日本橋スマートクリニックについて

日本橋スマートクリニックの生活習慣病外来では、患者様に合った正しい治療計画を担当の医師と患者様とで一緒に考え、薬物療法に頼る前に、食事・運動を含めたトータルの生活習慣の改善を一緒に進めていきます。ご興味がある方は、一度当クリニック(生活習慣病外来)までご相談ください。
日中は忙しくて医療機関に通う時間がないという方も、日本橋スマートクリニックでは事前予約による待ち時間の削減に努めている他、仕事帰り・夜間や仕事の合間に受診しやすいよう夜間診療の環境整備に努めています。また、土曜日にも生活習慣病外来は診療しています(14時~16時)し、初回診療以降で症状が安定していればオンライン診療により通院の負担を削減することもできます。この機会に、ぜひご検討ください。

日本橋スマートクリニック - 禁煙外来・生活習慣病外来がある 三越前 人形町 日本橋の内科

減らすと楽しみになる間食

浩さんの脂肪肝改善記 脂肪肝
浩さんの脂肪肝改善記(24)

この記事は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていきましょう。
今回のテーマは、 間食は回数や個数を決めれば、1回あたりの間食の満足度は増えて、なんとなくの間食を減らすことができる、そんなお話です。

はじめから読む 前の記事を読む 

気がつけば口に入れています

f:id:smart-clinic:20170305205216p:plain
甘いものが好きなわけではないものの、気がつくとお菓子に手を伸ばしていることの多い浩さん。会社の引き出しには甘いものストッカーがあり、無意識に引き出しを開けていることも少なくありません。

そんな姿を見て、同僚たちは「宮崎らしいなあ」と笑いますが、部下の由佳さんは少し怒り気味。

「部長、減量中じゃなかったんですか?」

「でも和菓子だから大丈夫じゃないかな」

そう話しながら、今日も大福を2個食べてしまいました。

あれ…カロリーこんなにあったのか

f:id:smart-clinic:20170305205233p:plain

そんなある日、会社で健康増進のためのセミナーが行われ、部署の長である浩さんも出席することになりました。

うたた寝しながら聞いていた浩さんですが、「健康な体は食生活から」という講義の内容を聞いて、急に目が冷めてしまいました。

スライドには、間食しがちなお菓子のカロリー表が映し出されています。そこには、浩さんの想像を超えるカロリー数が書かれていたのです。


浩さんが凝視しているのは、以下3つのお菓子のカロリーです。この中から、カロリーの最も高いものを一つ選んでください。

問題:カロリーが最も高いものはどれでしょうか

  1. ぜんざい
  2. ショートケーキ
  3. 大福餅

正解は...
ぜんざい
ショートケーキ
大福餅

必ずしも洋菓子のほうがカロリーが高いわけではない

f:id:smart-clinic:20170305205303p:plain

お菓子を食べる人の言い訳として多いのが、「和菓子だからカロリー低いし大丈夫」というもの。しかし、すべての和菓子のカロリーが、洋菓子より低いわけではありません。

例えばショートケーキのカロリーは、一般的に350kcal程度といわれています(商品によって誤差あり)。しかし、ぜんざいのカロリーは一杯350kcalを上回ります。さらに、砂糖の量はショートケーキの倍以上含まれています。

また、たとえカロリーが少なくても、たくさん食べてしまっては本末転倒です。

「和菓子だから大丈夫」と思って間食をしているなら、一度間食しているお菓子のカロリーを計算してみましょう。意外とカロリーが高いことに気づくはずです。

どうしても食べたいものがある場合は量を決めて食べる

f:id:smart-clinic:20170305205321p:plain

減量のためには食べてはいけないと分かっていても、どうしても甘いものが食べたくなることもありますよね。

そんなときは量を決めて食べるようにしましょう。

例えばおまんじゅうは週に1個までと決めておくと、罪悪感なく食べられるので、気持ちも楽になります。

また、何を食べるか決めているので、カロリーも認識しやすくなります。

ほかにも、お菓子はまとめて買うのではなく、必要なときに必要な個数を買うことも、過度な間食を防ぐポイントです。

間食をコントロールすることができれば、減量も進みやすくなるはずです。

間食をコントロールできれば摂取カロリーもコントロールできる

f:id:smart-clinic:20170305205334p:plain

「少しだけ…」と思っていても、つい食べ過ぎてしまうのが間食の怖いところです。

逆に、間食をコントロールすることができれば、一日の摂取カロリーにも余裕が生まれます。

まずは、間食にどんなものを食べているのかをチェックし、そのカロリー量を計算するところから始めてみましょう。

間食がやめられないなら、目の届かない場所に置いたり、食べる量を決めたりして、カロリーをコントロールしましょう。

「大福餅を1個」から始めてみます

f:id:smart-clinic:20170305205348p:plain

いつも食べている和菓子に、かなりのカロリーが含まれていることを知った浩さん。だからといって、すぐに間食をなくすことは、やっぱりできません。

そこで浩さんは、「間食するなら週に大福餅1個まで」と決めることに。すると、これまで以上に大福餅を味わうことができるようになりました。

「まずはできるところから始めてみよう」

そんな浩さんの姿を見て、同僚たちは驚き気味。

「宮崎、頑張ってるんだな。さすが減量制限しただけあるな。」

由佳さんのソーシャルサポートもあってか、浩さんを見る周りの目も、少しずつ変わってきているようです。

まとめ

  • 間食をやめれば、摂取カロリーをコントロールしやすくなる
  • 必ずしも和菓子のほうが洋菓子よりカロリーが低いわけではない
  • 間食がやめられないなら、量を決めてカロリーコントロールする
浩さんの脂肪肝改善記について

浩さんの脂肪肝改善記は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていくことで、生活習慣についての考えを深め、無理せずに健康になる方法を考えるきっかけになればと思い、記事を公開しています。


浩さんの脂肪肝改善記の他の記事

blog.smart-clinic.jp

日本橋スマートクリニックについて

日本橋スマートクリニックの生活習慣病外来では、患者様に合った正しい治療計画を担当の医師と患者様とで一緒に考え、薬物療法に頼る前に、食事・運動を含めたトータルの生活習慣の改善を一緒に進めていきます。ご興味がある方は、一度当クリニック(生活習慣病外来)までご相談ください。
日中は忙しくて医療機関に通う時間がないという方も、日本橋スマートクリニックでは事前予約による待ち時間の削減に努めている他、仕事帰り・夜間や仕事の合間に受診しやすいよう夜間診療の環境整備に努めています。また、土曜日にも生活習慣病外来は診療しています(14時~16時)し、初回診療以降で症状が安定していればオンライン診療により通院の負担を削減することもできます。この機会に、ぜひご検討ください。

日本橋スマートクリニック - 禁煙外来・生活習慣病外来がある 三越前 人形町 日本橋の内科

朝ごはんを抜くことの落とし穴

浩さんの脂肪肝改善記 脂肪肝
浩さんの脂肪肝改善記(23)

この記事は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていきましょう。
今回のテーマは、食べものにまつわるよくある勘違いについて、特に 食事を抜く・白米は良くない・健康そうなものはたくさん食べる、そんな風に思っている方に読んでいただきたいお話です。

はじめから読む 前の記事を読む 

朝ごはんを抜くことの落とし穴

朝ごはん?食べてないなあ

f:id:smart-clinic:20170305164823p:plain


「あなた、今日も朝ごはんいらないの?」

妻の麻由美さんの声を背に、急いで駅に向かう浩さん。

新しい部署を任されてからというもの、浩さんの食生活は、昼と夕方のみというのが当たり前になっていました。

昼前には強い空腹感を感じるものの、「でも1日2食なら、食事の回数も少ないし、減量にはいいんじゃないか?」、そう思うようになっていました。

そんなある日、コンビニで目にした雑誌の表紙に、浩さんは目を丸くします。

1日2食は力士と同じ生活だった

f:id:smart-clinic:20170305164837p:plain

『太る習慣、あなたもやってない?1日2食は力士と同じ!』

それは減量特集のキャッチコピー。簡単に内容を見てみると、力士は太るために、一日の食事回数をあえて減らしていると書かれています。

「あ、でも力士は太らなきゃいけないから、高カロリーなものを大量に食べてるんじゃないだろうか。だから太るんだろう。きっとそうだ」

そう自分に言い聞かせながらも、不安で仕方がない浩さん。気がついた時には、雑誌を手にレジに向かっていました。

食事の回数を減らせば、なんとなくやせられそうな気がしますよね。でも実は、食事回数の多いほうが太りにくいのだとか。

このように、食事習慣に対する認識を勘違いしている人は少なくありません。そこで、以下の食事習慣の中から、正しいと思うものをすべて選んでください。

問題:食事習慣について、正しいものはどれでしょうか

  1. 総エネルギーが同じなら、食事の回数と品数は多いほうがいい
  2. 減量中は白米を食べないほうがいい
  3. 体に良い食べ物はとにかくたくさん食べたほうがいい

正解は...

総エネルギーが同じなら、食事の回数と品数は多いほうがいい
減量中は白米を食べないほうがいい
体に良い食べ物はたくさん食べたほうがいい

食事の回数と品数は多いほうがいい

f:id:smart-clinic:20170305164850p:plain

食事や品数は、少なければいいというものではありません。

例えば食事と食事の間隔が長ければ長いほど、体は脂肪を蓄えようとするため、太りやすくなります。また品数を限定すると、栄養バランスが偏ってしまいます。

太りにくい食事習慣とは、一日3食きちんと食べること、そして栄養バランスが偏らないよう、できるだけたくさんの品数を食べることです。

正しい食事習慣を心がけていれば、過食になりにくく、また空腹を感じにくくなります。1日2食しか食べていない人は1食増やすこと、3食食べていても、品数が少ない人は、一品でも多く食べることを目標にしましょう。

白米は適量食べれば減量の強い味方に

f:id:smart-clinic:20170305164905p:plain

炭水化物の代表格として扱われることの多い白米。食べないほうが減量にもいいといわれてることもありますが、そんなことはありません。

白米などの炭水化物に含まれる糖質は、脂肪燃焼の着火剤のような役割を果たしてくれます。また、繊維質が多く、便秘を解消するという効果も期待できることから、便秘に悩む人はぜひ取り入れたいところ。

ほかにも、甘いものを欲しがりにくくなったり、しっかり噛むので空腹を感じにくくなったりするという効果なども期待できる、まさに減量に欠かせない食べ物なのです。

ただし、同じ炭水化物でも、パン類は製造の過程で塩分や油分を多く使っているので、控えるようにしましょう。

白米は3食中2食に、100g程度取り入れるのがおすすめ。もちろん玄米や雑穀米でも同様の効果が得られますよ。

どんなものでも食べ過ぎは厳禁

f:id:smart-clinic:20170305164949p:plain

「減量には○○がいい」と聞くと、そればかり食べていませんか?

どんなに体にいいといわれる食べ物でも、食べ過ぎれば体にとって不要なものに変わってしまいます。また、栄養バランスが偏ることにもなるため、食べ過ぎは厳禁です。

「体にいい食べ物」は、適量をとるからこそ体に良い影響をもたらしてくれるもの。適量を知ったうえで食生活に取り入れましょう。

1日3食生活、始めました

f:id:smart-clinic:20170305165005p:plain

コンビニで雑誌を買ってからというもの、浩さんはいつもより少し早めに起きるようになりました。目的は朝食を食べるため。3食きっちりとるようになってからは、空腹感に悩まされることも少なくなりました。

また、朝から少なめの白ご飯と、バランスのとれたおかずを食べているせいか、少しずつ体の調子も良くなっている気がします。

「よし、今日も行ってくる!」

減量のための食事習慣の変化は、浩さんに元気も与えてくれているようです。

まとめ

  • 一日2食よりも3食規則正しく食べるほうが、太りにくい体になりやすい
  • どんなものでも食べ過ぎは厳禁。できるだけ多くの品目を食べるよう心がける
  • 白米を敬遠する必要はない
浩さんの脂肪肝改善記について

浩さんの脂肪肝改善記は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていくことで、生活習慣についての考えを深め、無理せずに健康になる方法を考えるきっかけになればと思い、記事を公開しています。

次の記事

blog.smart-clinic.jp

浩さんの脂肪肝改善記の他の記事

blog.smart-clinic.jp

日本橋スマートクリニックについて

日本橋スマートクリニックの生活習慣病外来では、患者様に合った正しい治療計画を担当の医師と患者様とで一緒に考え、薬物療法に頼る前に、食事・運動を含めたトータルの生活習慣の改善を一緒に進めていきます。ご興味がある方は、一度当クリニック(生活習慣病外来)までご相談ください。
日中は忙しくて医療機関に通う時間がないという方も、日本橋スマートクリニックでは事前予約による待ち時間の削減に努めている他、仕事帰り・夜間や仕事の合間に受診しやすいよう夜間診療の環境整備に努めています。また、土曜日にも生活習慣病外来は診療しています(14時~16時)し、初回診療以降で症状が安定していればオンライン診療により通院の負担を削減することもできます。この機会に、ぜひご検討ください。

日本橋スマートクリニック - 禁煙外来・生活習慣病外来がある 三越前 人形町 日本橋の内科

昼食を抜いているのに体重増えた

浩さんの脂肪肝改善記 脂肪肝
浩さんの脂肪肝改善記(22)

この記事は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていきましょう。
今回のテーマは、 昼食を抜いているのに体重が増えるメカニズムについてのお話です。

はじめから読む 前の記事を読む 

忙しすぎて昼食が食べられません

f:id:smart-clinic:20170305162327p:plain


「あー、もうこんな時間か…昼飯どうしようかな…」

この春から新しい部署で部長を任されることになった浩さん。あいさつ回りに慣れない仕事、関連部署との打ち合わせなどで、昼食もろくに取れない日々を送っていました。

これまでしっかり昼食を取っていたこともあり、お昼休み以降はお腹が空いて仕方がない様子。そのため、空き時間ができた時は、たとえ17時頃であっても、パンやおにぎりを食べていました。

「昼食を抜いているのに体重増加」の謎

f:id:smart-clinic:20170305162342p:plain
そんな生活が始まって約1ヶ月後、会社の健康診断を受けた浩さんは、予想以上に体重が増えていることに驚いてしまいました。

「昼食が食べられない日や少ない日もあるのに…なんで増えたんだ…」

首をかしげる浩さんですが、それにはちゃんと理由がありました。

健康診断で思わぬ結果が出てしまった浩さん。体重増加の原因は、間違った食事習慣にあるのですが、浩さんはまだ気づいていないようです。

浩さんの減量を成功させるためにも、以下の中から正しいと思う食事習慣を選んでください。

問題:治療によい食事習慣で正しいものはどれでしょうか

  1. なるべく毎日決まった時間に3食食べる
  2. 昼食を抜いたらお菓子で補う
  3. 昼食はおにぎりやパンなど軽めの方がいい

正解は...
なるべく毎日決まった時間に3食食べる
昼食を抜いたらお菓子で補う
昼食はおにぎりやパンなど軽めの方がいい

一日3食、決まった時間に食べる

f:id:smart-clinic:20170305162356p:plain
食事を抜くと、体は次の食事で脂肪をたくさん蓄えようとします。そのため、食事は朝・昼・夕、欠かさず3食食べることが大切です。

また、できるだけ決まった時間に規則正しく食事をすることも大切なポイント。

食事時間がまちまちになると、空腹時間が長くなります。すると体は、いつ食べ物を得られるかわからないので、脂肪を蓄えようと、本能的にカロリーの高いものを食べようとする傾向があるのです。

一方、同じ時間に食べると、食べ物が安定的に得られることを体が理解してくれます。すると、食べ物を効率よくエネルギーに変えることができる体に変わっていくのです。

お菓子で食事を補うことはできない

f:id:smart-clinic:20170305162409p:plain
時間がなかったり、お腹がいっぱいだからと、昼食を食べずに、空いた時間にお菓子を食べたりしている人がいます。

ついつまんでしまいたくなる気持ちはわかりますが、お菓子は栄養的に意味のないものとされており、食事の代わりにはなりません。それどころか、体重が増える原因になってしまいます。

お菓子はできるだけ制限しつつ、しっかり3食決まった時間に食べるようすることが大切です。

できるだけ品数を増やし、バランスの良い食事を心がける

f:id:smart-clinic:20170305162442p:plain

品数が少ないと、栄養バランスが偏り、痩せにくい体になってしまいます。できれば定食など、たくさんの種類の食品を食べるようにしましょう。

「○○しか食べない」「○○を抜く」という食事は、たとえ一時的に体重が減少したとしても、失敗したり、リバウンドしやすかったりする傾向にあります。

痩せやすい体を目指すなら、一日3食、一品でも多く食べて、栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。

昼はコミュニケーションと栄養を取る時間にしました

f:id:smart-clinic:20170305162455p:plain
減量のためにも、昼食をしっかり食べることを心に決めた浩さん。しかし、多忙な日々の中で食事の時間を確保するのは大変なことです。

そこで思いついたのが、部下とともに昼食を取り、コミュニケーションを取る時間にするという方法。新しい部署に配属になって以降、忙しさで部下とコミュニケーションを取る時間がなかったことを思い出したのです。

ちょうど会社の近くに、ランチ時になると屋台が多数出店する場所があるので、週4回のお弁当も続けられそうです。

今では多くの部下と、気軽に話ができるようになりました。これで減量も人間関係もうまくいきそうです。

まとめ

  • 一日3食、決まった時間に食べることが太りにくい体をつくる
  • お菓子は食事の代わりにはならない
  • 食事は品目を増やし、バランス良く食べる
浩さんの脂肪肝改善記について

浩さんの脂肪肝改善記は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていくことで、生活習慣についての考えを深め、無理せずに健康になる方法を考えるきっかけになればと思い、記事を公開しています。



浩さんの脂肪肝改善記の他の記事

blog.smart-clinic.jp

日本橋スマートクリニックについて

日本橋スマートクリニックの生活習慣病外来では、患者様に合った正しい治療計画を担当の医師と患者様とで一緒に考え、薬物療法に頼る前に、食事・運動を含めたトータルの生活習慣の改善を一緒に進めていきます。ご興味がある方は、一度当クリニック(生活習慣病外来)までご相談ください。
日中は忙しくて医療機関に通う時間がないという方も、日本橋スマートクリニックでは事前予約による待ち時間の削減に努めている他、仕事帰り・夜間や仕事の合間に受診しやすいよう夜間診療の環境整備に努めています。また、土曜日にも生活習慣病外来は診療しています(14時~16時)し、初回診療以降で症状が安定していればオンライン診療により通院の負担を削減することもできます。この機会に、ぜひご検討ください。

日本橋スマートクリニック - 禁煙外来・生活習慣病外来がある 三越前 人形町 日本橋の内科