読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本橋スマートクリニック公式ブログ

禁煙・生活習慣病の治療や知識について発信しています

脂肪肝は発展していく病気

浩さんの脂肪肝改善記(2)

この記事は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていきましょう。
今回のテーマは、 意外と知らない進行する脂肪肝の恐ろしさ、についてのお話です。

はじめから読む 前の記事を読む 次の記事を読む

脂肪肝は発展していく病気


f:id:smart-clinic:20170218220926p:plain

会社の健康診断で「脂肪肝」と診断された浩さん。同僚から脂肪肝の怖さについて、簡単に聞いてはいたものの、具体的なことはまだよく分かっていません。

そこで、次回の健康診断の際に、先生に話を聞いてみることに。

「脂肪肝は放っておくと、違う病気に発展していくんですよ」

「えっ…脂肪肝だけでは終わらないんですか」

脂肪肝はどのようなプロセスで、どのような病気に発展していくのでしょうか。脂肪肝の先に待っているのは…実は恐ろしい病気だったのです。

「脂肪肝⇒肝炎⇒肝硬変⇒肝がん」と進行していく?!

f:id:smart-clinic:20170218220807p:plain

お医者さんによると、脂肪肝を放っておくと「肝炎」を引き起こし、「肝硬変」、最終的には「肝がん」へと発展していくそうなのです。

「脂肪肝からがんになるなんて…」

言われてみれば今のところ、脂肪肝の自覚症状は感じていない浩さん。まさか脂肪肝が肝がんに発展するなんて、考えてもみなかったようです。


肝炎・肝硬変・肝がんとは、どのような病気なのでしょうか。浩さんと一緒に考えてみましょう。

問題:肝炎・肝硬変・肝がんとは、どのような病気?

  1. 肝炎とは肝臓の細胞が傷つき、炎症を起こしたものである
  2. 肝炎が悪化して肝硬変になると、肝臓の機能は二度とらない
  3. 肝硬変になった肝細胞はがんになりやすい

正解は...

全て正解です

肝炎は肝細胞が傷つき、炎症を起こした状態

脂肪肝は「肝臓に脂肪が過剰に溜まった状態」のことでしたよね。脂肪肝になると、食べ物をエネルギー源に変えたり、アルコールなどの刺激の強い成分を解毒したりするなどという、肝臓が本来持つ能力を発揮できない状態が続いてしまいます。

ですが、その後も食べて、食品をどんどん体の中に入れてしまいますよね。入ってくるものに対して肝臓の処理が追いつかず、刺激の強い成分がどんどん溜まってしまいます。

やがて肝臓の細胞が傷つき、炎症を起こしてしまうのです。この状態が「肝炎」です。

肝硬変になると、肝臓の機能は二度と戻らない?!

f:id:smart-clinic:20170218220930p:plain


肝細胞が傷つき、炎症を起こすことを繰り返していると、細胞はだんだん硬くなり、カサカサのミイラのようになっていきます。その名の通り、肝臓が硬く変わってしまうことで、脂肪肝や肝炎よりも著しく働きが低下してしまうのです。

この状態を「肝硬変」と言います。

肝硬変になると、「体がむくむ」、目や皮膚が黄色くなる「黄だん」、お腹の中に大量の液体(1000ml以上)が溜まる「腹水」などの症状が現れます。腹水はひどくなると、定期的にお腹に針を刺して水を抜く必要が出てきます。

一度硬くなってしまった肝臓の機能は、二度と元の状態には戻りません。つまり脂肪肝、肝炎の状態のうちに、肝硬変を予防することが非常に大切なのです。

肝臓がんのがん細胞は爆発的に増殖していく?!

肝炎や肝硬変などで細胞の破壊と炎症を繰り返していると、細胞がやがて「がん細胞」へと変化してしまうことがあります。

特に、肝硬変になった細胞はがんになりやすく、周りの細胞を破壊しながら狂ったように爆発的に増殖していくという、とても恐ろしいものなのです。

発見が遅れると、がん細胞が体中に転移し、最悪「死」に至ります。

だからこそ、脂肪肝を放っておいてはいけないのです。

「脂肪肝」の段階で診断されたことを幸運に思おう

脂肪肝を放っておくと、その先に恐ろしい病気が待っていることを学んだ浩さん。自分ががんになるかもしれない…という考えが頭をよぎります。

そんな浩さんに、お医者さんはこんな言葉をかけました。

「自覚症状がないまま肝硬変や肝がんになり苦しむ患者さんがいる中で、まだ脂肪肝の段階で気づくことが出来たのは、とても幸運なんですよ」

「そうですか…」

「これを機に、自分の体と真剣に向き合ってみませんか。生活習慣や食生活を見直し、肝硬変や肝がんになるのを食い止めましょう」

「…先生、絶対に脂肪肝を治したいです」

脂肪肝を放っておくことの危険性を学び、治療を決意した浩さん。浩さんと先生の話を聞き、自分の体が心配になってきた…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

脂肪肝と診断されたことを自分の体と向き合う良いチャンスととらえ、浩さんと一緒に前向きに治療を進めていきましょう!

まとめ

  • 脂肪肝を放置すると、肝炎、肝硬変、肝がんと進行していく
  • 肝硬変の段階に来てしまうと、肝臓の機能は二度と元に戻らない
  • 肝硬変や肝がんなど重い病気になる前に脂肪肝と診断されたことは幸運だった
浩さんの脂肪肝改善記について

浩さんの脂肪肝改善記は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていくことで、生活習慣についての考えを深め、無理せずに健康になる方法を考えるきっかけになればと思い、記事を公開しています。

次の記事

blog.smart-clinic.jp

浩さんの脂肪肝改善記の他の記事

blog.smart-clinic.jp


日本橋スマートクリニックについて


日本橋スマートクリニックの生活習慣病外来では、患者様に合った正しい治療計画を担当の医師と患者様とで一緒に考え、薬物療法に頼る前に、食事・運動を含めたトータルの生活習慣の改善を一緒に進めていきます。ご興味がある方は、一度当クリニック(生活習慣病外来)までご相談ください。
日中は忙しくて医療機関に通う時間がないという方も、日本橋スマートクリニックでは事前予約による待ち時間の削減に努めている他、仕事帰り・夜間や仕事の合間に受診しやすいよう夜間診療の環境整備に努めています。また、土曜日にも生活習慣病外来は診療しています(14時~16時)し、初回診療以降で症状が安定していればオンライン診療により通院の負担を削減することもできます。この機会に、ぜひご検討ください。

日本橋スマートクリニック - 禁煙外来・生活習慣病外来がある 三越前 人形町 日本橋の内科