日本橋スマートクリニック公式ブログ

禁煙・生活習慣病の治療や知識について発信しています

食事のバランス感覚

浩さんの脂肪肝改善記(11)

この記事は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていきましょう。
今回のテーマは、 どうせ食べるならバランスのよい食事を食べるほうが一石二鳥、そんなお話です。
はじめから読む 前の記事を読む 次の記事を読む

記録に慣れたらステップアップ

f:id:smart-clinic:20170219103812p:plain

食事の写真を記録することに慣れてきた浩さん。歩数も記録し、毎日目標の歩数を達成できるようにがんばっています。

今日は脂肪肝の治療の通院日。かかりつけのお医者さんに、減量の経過について報告しているところです。

「宮崎さん、素晴らしいです。きちんと食事の写真を記録してるんですね。しかも間食や飲み物も細かく写真を撮っていますね」

「ありがとうございます…(少し照れるなあ…)。最近では無意識に写真を撮るようになってます」

バランス良く食べられてる?

f:id:smart-clinic:20170219103827p:plain

「宮崎さん、記録をとるのはバッチリみたいなので、少しステップアップしてみましょう!食事の栄養バランスを考えてみませんか?」

「栄養バランスですか?どうせ野菜をたくさん食べろっていうことでしょ…?」

栄養バランスのとれた食事って?

f:id:smart-clinic:20170219103902p:plain


栄養バランスのとれた食事とは、いったいどのようなものなのでしょうか。浩さんと一緒に考えてみましょう。

問題:バランスの良い食事の説明として正しいものはどれでしょうか?

  1. バランスの良い食事は、主食・主菜・副菜の3つのお皿が基本である
  2. 1日30品目を目標に、偏らず、いろいろな種類の食品を食べるのが良い
  3. 野菜を食べていれば、メインのおかずはいつも肉だけで良い

正解は...

バランスの良い食事は、主食・主菜・副菜の3つのお皿が基本である
1日30品目を目標に、偏らず、いろいろな種類の食品を食べるのが良い
野菜を食べていれば、メインのおかずはいつも肉だけで良い

役割の違う3つのお皿

f:id:smart-clinic:20170219104628p:plain

食事の際は、主食・主菜・副菜の3つのお皿を意識します。
それぞれ以下のような役割があります。

  • 主食:食事の中心となるご飯、パン、めん→エネルギー源となる「炭水化物」
  • 主菜:魚、肉、卵、大豆→筋肉や血液、皮膚など体をつくる「タンパク質」
  • 副菜:野菜・イモ類→体の調子を整える「ビタミン、ミネラル、食物繊維」

必要に応じて、3つお皿に汁物や副菜をもう一皿足して、バランスの良い食事が完成します。

なかなか外食やお弁当でも綺麗にバランスのよい食事はなかなかありません。
ただし、同じ食事をするなら、丼だけ、丼と麺類、という組み合わせよりも、いろいろなものが食べられる定食を選んだほうが、体のためにはお得です。

いろいろな食品を組み合わせて


f:id:smart-clinic:20170219104653p:plain

文科省、厚労省、農水省が策定している「食生活指針」によると、「野菜・果物、牛乳・乳製品、豆類、魚なども組み合わせて。」とあります。

  • 野菜・果物→ビタミン、ミネラル、 食物繊維
  • 牛乳・乳製品、緑黄色野菜、豆類、小魚→カルシウム

というように、食品数が多いほど、摂りにくい微量な栄養素をとることができます。

1日30品目を目標に、偏りなく、いろいろな食品を組み合わせて食べましょう。

肉ばかりじゃなく、魚も食べよう

f:id:smart-clinic:20170219104713p:plain

お肉が好きだからといって、昼も夜も主菜がお肉の献立になっていませんか。

お肉は良質なタンパク質が豊富で、ビタミンやミネラルなども含まれますが、魚も体に良い栄養素が豊富な食材です。特にDHA、EPAは、イワシやサンマ、サバなどの青魚、マグロやブリなどに豊富に含まれます。

お昼の主菜が肉なら、夜は魚にするなど、交互に食べるのがおすすめです。

他にタンパク質源となる食品に、大豆製品と卵があります。

大豆製品には悪玉コレステロールを減らす働きがあるほか、血圧低下などの効果が期待できます。

食事のバランス、意識しています

f:id:smart-clinic:20170219104752p:plain

朝の出勤前の時間、浩さんは朝食を食べながら、妻の麻由美さんにたずねます。

「麻由美、今日の夕食のおかずは何かな」

「豚の生姜焼きにしようと思っているけど…そんなこと聞くなんて、珍しいわね」

「ちょっとはバランスの良い食事を目指しているんだ…メインのおかずが昼と夜で被らないようにしようと思って。
(なかなか忙しかったりお小遣いとかでそんな完璧な食事は食べられないけど...)」

「そうなのね。翔太の給食の献立も見て、なんとなく頭の中で1週間の献立を考えてるけど…冷蔵庫のホワイトボードに献立を書いておくことにするわ」

「ありがとう、麻由美。今日のお昼は刺身定食にしようかな」

同じ肉を食べるなら、たまには魚も食べるほうがいろいろ食べられていいや。浩さんは、そう思うようになっていました。

話を聞いた麻由美さんも、なんだか嬉しそうです。浩さんの変化が、少しずつ家族に伝わっているようですね。

まとめ

  • 丼ものよりもいろいろついている方を選ぼう
  • どうせ食べるなら、1日30品目を目標にいろいろな種類の食品を食べよう
  • 主菜は、肉・魚・卵・大豆製品をバランス良く摂ろう
浩さんの脂肪肝改善記について

浩さんの脂肪肝改善記は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていくことで、生活習慣についての考えを深め、無理せずに健康になる方法を考えるきっかけになればと思い、記事を公開しています。

次の記事

blog.smart-clinic.jp

浩さんの脂肪肝改善記の他の記事


blog.smart-clinic.jp


日本橋スマートクリニックについて

日本橋スマートクリニックの生活習慣病外来では、患者様に合った正しい治療計画を担当の医師と患者様とで一緒に考え、薬物療法に頼る前に、食事・運動を含めたトータルの生活習慣の改善を一緒に進めていきます。ご興味がある方は、一度当クリニック(生活習慣病外来)までご相談ください。
日中は忙しくて医療機関に通う時間がないという方も、日本橋スマートクリニックでは事前予約による待ち時間の削減に努めている他、仕事帰り・夜間や仕事の合間に受診しやすいよう夜間診療の環境整備に努めています。また、土曜日にも生活習慣病外来は診療しています(14時~16時)し、初回診療以降で症状が安定していればオンライン診療により通院の負担を削減することもできます。この機会に、ぜひご検討ください。

日本橋スマートクリニック - 禁煙外来・生活習慣病外来がある 三越前 人形町 日本橋の内科