読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本橋スマートクリニック公式ブログ

禁煙・生活習慣病の治療や知識について発信しています

「いただきもの」との付き合い方

浩さんの脂肪肝改善記 脂肪肝
浩さんの脂肪肝改善記(15)

この記事は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていきましょう。
今回のテーマは、 ついついもらってしまうと食べてしまう「いただきもの」との正しい付き合い方についてのお話です。

はじめから読む 前の記事を読む 次の記事を読む

「いただきもの」との付き合い方

お菓子、いただくことが多いんです

f:id:smart-clinic:20170305101955p:plain
帰宅後、浩さんは妻の麻由美さんに職場でいただいたお菓子を渡します。

「これ、会社でもらったお菓子なんだけど…麻由美と翔太で食べてくれ」

「あら、ありがとう。食べないで持って帰ってきてくれたの?さすがね」

「会社でお菓子を配る人がけっこう多くてな…取引先からもいただいたりするし、断るわけにもいかなくて、デスクにしまってたんだ」

「あら、あなた、会社の方に減量するって言ってないの?同じチームの部下のみんなには話したんじゃなかったの」

なかなか言いにくくて…

f:id:smart-clinic:20170305102004p:plain

「よく一緒に昼ごはんに行く部下のみんなには、減量のことは少し話したんだけど…他の同僚には、なかなか話しづらくて…」

「なんで?言っておいたほうが楽じゃない?」

「宣言しちゃったら、後には引けなくなるしなあ~間食とかしたり、揚げ物とか食べたらカッコ悪いし…減量宣言を聞いて、邪魔したりする人がいないかなあ…」

減量宣言、本当にカッコ悪い?

f:id:smart-clinic:20170305102026p:plain

周囲に減量宣言をすること対し、ネガティブイメージがある浩さん。減量宣言をすることは、本当にカッコ悪いのでしょうか。

問題:減量宣言について正しい考え方を選んでください

  1. 減量宣言をすることは「絶対に減量を成功させる」という決意を固めることにもなる
  2. 減量宣言をすることは、自分が太っていることを認めてしまう恥ずかしいことである
  3. 減量宣言を聞いて、邪魔する人がいるかもしれないと思うのは、考えすぎである

正解は...

減量宣言をすることは「絶対に減量を成功させる」という決意を固めることにもなる
減量宣言をすることは、自分が太っていることを認めてしまう恥ずかしいことである
減量宣言を聞いて、邪魔する人がいるかもしれないと思うのは、考えすぎである

減量宣言は決意を固めるチャンス

f:id:smart-clinic:20170305102112p:plain

「減量宣言をしたら後に引けなくなるし…」

「減量宣言をするのは、自分が太ってると周りに言ってるみたいで…なんだか恥ずかしい」

浩さんのように、こう思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、「後に引けなくなる」というのは、逆に考えて、減量を成功させるのに良いことだと思いませんか。

周りに宣言することで、「絶対に減量を成功させる」という自分自身の決意を固めることにもなります。

また、減量を宣言することは、恥ずかしいことではありません。むしろ、「自分の健康についてしっかり考える人」というイメージを持たれるのではないでしょうか。

周りも応援してくれます


f:id:smart-clinic:20170305102040p:plain

「減量宣言を聞いて、食べ物をすすめたり邪魔する人がいるかもしれない」と心配になってしまう方も多いのではないでしょうか。

こう考えてみてください。あなたなら、減量宣言をした人の邪魔をしたりしますか。努力を冷やかしたり、批判したりすることで、わざわざ自分の評判を落とすようなことをしたりするでしょうか…。

あまり考えすぎず、気軽な気持ちでランチや休憩時間に減量宣言をしてみてはいかがでしょう。自分が思うよりも、案外普通に聞いてくれるかもしれません。

減量や健康に関する話題も弾むかもしれませんよ。

職場へ減量宣言

f:id:smart-clinic:20170305102051p:plain

ある日の朝礼のことです。浩さんは自分の部署だけでなく、同じフロアの全員に、思い切って減量宣言をすることを決意しました。

「朝礼の最後に…。もうご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、私宮崎浩は、脂肪肝改善のために減量することを決めました。いつもお菓子を配って下さる方々、大変心苦しいのですが、これからは私のところへは置かないようにお願いできないでしょうか。目の前にお菓子があると、つい手を伸ばしてしまって…本当に申し訳ない」

すると、どこからともなく拍手が…。

「よく言ってくれた、宮崎部長。なかなか宣言するなんて、出来ることじゃないよな。わかった。みんなで協力するよ」

そう言って、隣の部署の部長が温かい握手をかわしてくれました。

こうして、職場全体に減量宣言をした浩さん。紙にその決意を書いて、テーブルの脇に貼ることにしました。ますます、減量への決意が固まったようですね。

まとめ

  • 減量宣言は、「絶対に減量を成功させる」という決意を固めるチャンス
  • 減量宣言は恥ずかしいことではなく、健康に対して前向きな証
  • 気軽な気持ちで食事中や休憩時に減量宣言をしてみよう
浩さんの脂肪肝改善記について

浩さんの脂肪肝改善記は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていくことで、生活習慣についての考えを深め、無理せずに健康になる方法を考えるきっかけになればと思い、記事を公開しています。

浩さんの脂肪肝改善記の他の記事

blog.smart-clinic.jp

日本橋スマートクリニックについて

日本橋スマートクリニックの生活習慣病外来では、患者様に合った正しい治療計画を担当の医師と患者様とで一緒に考え、薬物療法に頼る前に、食事・運動を含めたトータルの生活習慣の改善を一緒に進めていきます。ご興味がある方は、一度当クリニック(生活習慣病外来)までご相談ください。
日中は忙しくて医療機関に通う時間がないという方も、日本橋スマートクリニックでは事前予約による待ち時間の削減に努めている他、仕事帰り・夜間や仕事の合間に受診しやすいよう夜間診療の環境整備に努めています。また、土曜日にも生活習慣病外来は診療しています(14時~16時)し、初回診療以降で症状が安定していればオンライン診療により通院の負担を削減することもできます。この機会に、ぜひご検討ください。

日本橋スマートクリニック - 禁煙外来・生活習慣病外来がある 三越前 人形町 日本橋の内科