日本橋スマートクリニック公式ブログ

禁煙・生活習慣病の治療や知識について発信しています

減らすと楽しみになる間食

浩さんの脂肪肝改善記(24)

この記事は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていきましょう。
今回のテーマは、 間食は回数や個数を決めれば、1回あたりの間食の満足度は増えて、なんとなくの間食を減らすことができる、そんなお話です。

はじめから読む 前の記事を読む 

気がつけば口に入れています

f:id:smart-clinic:20170305205216p:plain
甘いものが好きなわけではないものの、気がつくとお菓子に手を伸ばしていることの多い浩さん。会社の引き出しには甘いものストッカーがあり、無意識に引き出しを開けていることも少なくありません。

そんな姿を見て、同僚たちは「宮崎らしいなあ」と笑いますが、部下の由佳さんは少し怒り気味。

「部長、減量中じゃなかったんですか?」

「でも和菓子だから大丈夫じゃないかな」

そう話しながら、今日も大福を2個食べてしまいました。

あれ…カロリーこんなにあったのか

f:id:smart-clinic:20170305205233p:plain

そんなある日、会社で健康増進のためのセミナーが行われ、部署の長である浩さんも出席することになりました。

うたた寝しながら聞いていた浩さんですが、「健康な体は食生活から」という講義の内容を聞いて、急に目が冷めてしまいました。

スライドには、間食しがちなお菓子のカロリー表が映し出されています。そこには、浩さんの想像を超えるカロリー数が書かれていたのです。


浩さんが凝視しているのは、以下3つのお菓子のカロリーです。この中から、カロリーの最も高いものを一つ選んでください。

問題:カロリーが最も高いものはどれでしょうか

  1. ぜんざい
  2. ショートケーキ
  3. 大福餅

正解は...
ぜんざい
ショートケーキ
大福餅

必ずしも洋菓子のほうがカロリーが高いわけではない

f:id:smart-clinic:20170305205303p:plain

お菓子を食べる人の言い訳として多いのが、「和菓子だからカロリー低いし大丈夫」というもの。しかし、すべての和菓子のカロリーが、洋菓子より低いわけではありません。

例えばショートケーキのカロリーは、一般的に350kcal程度といわれています(商品によって誤差あり)。しかし、ぜんざいのカロリーは一杯350kcalを上回ります。さらに、砂糖の量はショートケーキの倍以上含まれています。

また、たとえカロリーが少なくても、たくさん食べてしまっては本末転倒です。

「和菓子だから大丈夫」と思って間食をしているなら、一度間食しているお菓子のカロリーを計算してみましょう。意外とカロリーが高いことに気づくはずです。

どうしても食べたいものがある場合は量を決めて食べる

f:id:smart-clinic:20170305205321p:plain

減量のためには食べてはいけないと分かっていても、どうしても甘いものが食べたくなることもありますよね。

そんなときは量を決めて食べるようにしましょう。

例えばおまんじゅうは週に1個までと決めておくと、罪悪感なく食べられるので、気持ちも楽になります。

また、何を食べるか決めているので、カロリーも認識しやすくなります。

ほかにも、お菓子はまとめて買うのではなく、必要なときに必要な個数を買うことも、過度な間食を防ぐポイントです。

間食をコントロールすることができれば、減量も進みやすくなるはずです。

間食をコントロールできれば摂取カロリーもコントロールできる

f:id:smart-clinic:20170305205334p:plain

「少しだけ…」と思っていても、つい食べ過ぎてしまうのが間食の怖いところです。

逆に、間食をコントロールすることができれば、一日の摂取カロリーにも余裕が生まれます。

まずは、間食にどんなものを食べているのかをチェックし、そのカロリー量を計算するところから始めてみましょう。

間食がやめられないなら、目の届かない場所に置いたり、食べる量を決めたりして、カロリーをコントロールしましょう。

「大福餅を1個」から始めてみます

f:id:smart-clinic:20170305205348p:plain

いつも食べている和菓子に、かなりのカロリーが含まれていることを知った浩さん。だからといって、すぐに間食をなくすことは、やっぱりできません。

そこで浩さんは、「間食するなら週に大福餅1個まで」と決めることに。すると、これまで以上に大福餅を味わうことができるようになりました。

「まずはできるところから始めてみよう」

そんな浩さんの姿を見て、同僚たちは驚き気味。

「宮崎、頑張ってるんだな。さすが減量制限しただけあるな。」

由佳さんのソーシャルサポートもあってか、浩さんを見る周りの目も、少しずつ変わってきているようです。

まとめ

  • 間食をやめれば、摂取カロリーをコントロールしやすくなる
  • 必ずしも和菓子のほうが洋菓子よりカロリーが低いわけではない
  • 間食がやめられないなら、量を決めてカロリーコントロールする
浩さんの脂肪肝改善記について

浩さんの脂肪肝改善記は、脂肪肝と診断された架空の人物・浩さんのストーリーを通じて、脂肪肝の恐ろしさと治療法についてご理解いただくための読みものです。読みもの中にある問題に答えながら、脂肪肝について一緒に考えていくことで、生活習慣についての考えを深め、無理せずに健康になる方法を考えるきっかけになればと思い、記事を公開しています。


浩さんの脂肪肝改善記の他の記事

blog.smart-clinic.jp

日本橋スマートクリニックについて

日本橋スマートクリニックの生活習慣病外来では、患者様に合った正しい治療計画を担当の医師と患者様とで一緒に考え、薬物療法に頼る前に、食事・運動を含めたトータルの生活習慣の改善を一緒に進めていきます。ご興味がある方は、一度当クリニック(生活習慣病外来)までご相談ください。
日中は忙しくて医療機関に通う時間がないという方も、日本橋スマートクリニックでは事前予約による待ち時間の削減に努めている他、仕事帰り・夜間や仕事の合間に受診しやすいよう夜間診療の環境整備に努めています。また、土曜日にも生活習慣病外来は診療しています(14時~16時)し、初回診療以降で症状が安定していればオンライン診療により通院の負担を削減することもできます。この機会に、ぜひご検討ください。

日本橋スマートクリニック - 禁煙外来・生活習慣病外来がある 三越前 人形町 日本橋の内科