読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本橋スマートクリニック公式ブログ

禁煙・生活習慣病の治療や知識について発信しています

医療機関での治療内容(禁煙外来)と禁煙成功率

前回は医療機関(病院、診療所・クリニック)での禁煙治療について、海外との比較をご紹介しました。


禁煙補助薬(ニコチンパッチやチャンピックスなど)を使って禁煙することで、薬を使わない場合に比べて禁煙成功率が2倍~3倍高まり、さらに、医師などの医療関係者からの指導を受けると、その指導時間や回数に応じて禁煙成功率が高くなるという調査もあります。

今回は、実際に医療機関での禁煙治療の内容はどのようなものか、ご紹介していきます。

禁煙外来での禁煙治療の流れ

健康保険等を使った禁煙外来での禁煙治療では、12週間で5回の禁煙プログラムを受けます。医療機関に行くと、初めに喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかチェックします。毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受ける他、息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定したり、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受け、禁煙補助薬の使用を選択できます。

~禁煙外来 1回目の治療~

ニコチン依存症かどうかをチェック。
問診票や診察内容からニコチン依存症であることを確認し、たばこの体内への影響を知るために、一酸化炭素濃度を測定します。その後、医師と相談し、禁煙開始日を決定し「禁煙宣言書」にサインします。宣言書を記入することで禁煙する実感がわき、ご自身の禁煙への動機が高めることができます。医師からニコチン切れ症状の対処法などのアドバイスを受けたり、禁煙補助薬の特徴と使い方の説明を受け、自分に合った薬を選んで、禁煙治療を開始させましょう。

~禁煙外来 2回目の治療~

最初の受診日から2週間後が2回目の受診日です。
ニコチンの離脱症状(ニコチン切れ症状)が生じやすい時期であり、初回診察時の結果と比較して禁煙の効果が確認できる時期でもあります。離脱症状は禁煙後2~3週間で治まるため、根気強く頑張ってみましょう。 呼気一酸化炭素濃度の測定や禁煙のアドバイスなどを受け、禁煙を始めて不安や気になる症状が現れた方は、気軽に医師に相談しましょう。

~禁煙外来 3回目・4回目の治療~

最初の受診日から1カ月後が3回目の受診日、初診から2か月後が4回目の受診日です。
2回目の診察と同様に呼気一酸化炭素濃度測定や禁煙のアドバイスなどを受け、今後も禁煙を続けていくためのポイントを見ていきます。睡眠を十分にとり、気分転換になることをしてみるとよいと思います。

~5回目の治療~

初診から3か月後、最後の受診日です。ここで禁煙治療が完了となります。長期間の禁煙をより確実にするために、必要に応じ、チャンピックスをさらに12週間服用することができます。
医療機関での禁煙治療継続率からわかる禁煙達成


禁煙治療では12週にわたり計5回の治療を行いますが、5回受診することが禁煙を継続する上で重要となります。
全対象患者について12週間の治療終了後、9か月経過した後の禁煙状況をみると、1回目の治療で中止した後の禁煙継続は6.5%に対し、全5回の治療終了後の禁煙継続は49.1%と治療回数が多いほど、禁煙継続の割合・成功率が高くなる傾向がみられます。

このように、喫煙者の大半はタバコに含まれているニコチンによる肉体的・精神的依存の影響から自分の意思だけで禁煙することは難しいのが現状で、継続して治療に取り組むことが大切です。

「もうタバコはやめられた」と考えて、ご自身の判断で治療を中断すると、長期的には禁煙失敗につながりやすいのです。医療機関による禁煙外来・禁煙プログラムをしっかりと続けることが重要であり、禁煙の達成につながるといえます。



禁煙外来に通えない理由として、日中は忙しく通院が大変という方も多いと思います。そこで、当クリニックでは、夜間診療を実施、予約制にして待ち時間を減らすなど、なるべく継続して禁煙プログラムを続けやすい環境整備に取り組んでいます。
この機会に、ぜひ禁煙外来を利用した禁煙プログラムを試してみてください

日本橋スマートクリニック - 禁煙外来・生活習慣病外来がある 三越前 人形町 日本橋の内科